相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていませんか? 相続に必要な戸籍謄本など戸籍類の取り寄せ代行!
相続の戸籍謄本について
相続に戸籍は必要?
相続の戸籍について
相続の戸籍を取得できる人
相続の戸籍の請求先
相続の戸籍請求に必要な物
相続の戸籍の費用は?
相続の戸籍の取得時間
相続の戸籍の使用期限は?
相続の戸籍は何通必要?
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方
代襲相続の戸籍は?
数次相続の戸籍は?
戸籍謄本などについて
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続に必要な書類は?
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
戸籍謄本取得代行について
お申し込み前の注意事項
取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  相続の戸籍の費用は?
相続で必要な戸籍の費用については、
亡くなった人と、相続人との関係によっても、
かなり個人差がでるものです。
基本的に、戸籍謄本は、1通につき450円、
除籍謄本と原戸籍は、1通につき750円の手数料を、
市役所に支払うことになります。
ただ、亡くなった人の戸籍の謄本類の取得だけでも、
1通とか2通ではなく、何通か取得が必要になってきますので、
市役所への手数料だけでも数千円はかかるものです。
そして、相続人が、亡くなった人とどういった関係にある人かによって、
相続の戸籍の全体的な費用が大きく変わってくるのです。
たとえば、亡くなった人の相続人が、配偶者(夫又は妻)のみの場合や、
配偶者と子供の場合、もしくは、子供のみの場合には、
それほど高い費用にはなりません。
一般的な平均で考えてみても、
だいたい数千円〜1万前後程度の戸籍代の費用で収まることがほとんどでしょう。
しかし、亡くなった人に子供がいなくて、
相続人が、亡くなった人の兄弟姉妹、甥や姪になる場合には、
相続の戸籍代の費用は、数万円になることが多いです。
なぜなら、相続人が、亡くなった人の兄弟姉妹や、甥姪になるような場合には、
実際に亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの戸籍だけでなく、
その両親や、場合によっては祖父母の戸籍についても必要だからです。
つまり、亡くなった人の両親ぞれぞれの生まれてから亡くなるまでの戸籍と、
祖父母の年齢によっては、
祖父母の亡くなったことのわかる戸籍も必要になります。
なぜそこまで必要なのかと言えば、
亡くなった人の兄弟姉妹を全員調べるためには、
亡くなった人の両親それぞれのすべての戸籍を調べる必要があるからです。
具体的には、亡くなった人の両親それぞれのすべての戸籍から、
子供全員(被相続人から見れば兄弟姉妹)を抜かりなく調べて、
現在も生存しているか、それとも亡くなっているのかも調べます。
もし、兄弟姉妹ですでに亡くなっている人がいれば、
代襲相続が発生して、
その兄弟姉妹の子供全員が代わりに相続人となります。
つまり、被相続人(亡くなった人)から見れば、
甥や姪にあたる人達です。
そして、その人達の戸籍も取得しなければなりません。
また、すでに亡くなっている兄弟姉妹の人の戸籍についても、
生まれてから亡くなるまでを取得しなければなりませんので、
相続の戸籍代の費用も、
全体で数万円になってしまうことが多いということです。
なお、相続に必要な戸籍が1つでも足りなければ、
相続することができませんので、
取得していく時には、非常に注意が必要になります。

実は、相続人である彼らも、
初めは相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていました。
しかし、この方法を知ったとき・・・

詳細は 戸籍謄本トップで!

ページ 内 容 一 覧
相続に戸籍は必要? 戸籍類の疑問解決一覧 相続手続きの流れ
相続の戸籍について 除籍謄本とは? 相続に必要な書類
相続の戸籍を取得できる人は? 原戸籍とは? 未成年者がいる時
相続の戸籍の請求先 戸籍の附票とは? 行方不明者がいる時
相続の戸籍請求に必要な物 借金が多い時の選択肢
相続の戸籍の費用は? 相続人の範囲 相続放棄手続の仕方
相続の戸籍の取得時間 本当にあなた1人?
相続の戸籍の使用期限は? 相続関係説明図とは サイトマップ
相続の戸籍は何通必要? 免責事項
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方  
代襲相続の戸籍は?    
■ 数次相続の戸籍は?  
代行お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法 ■ 銀行振込によるお支払方法 ■ イーバンク銀行によるお支払方法
相続手続きに必要な戸籍謄本などの戸籍類のラクラク取り寄せ代行のお申し込みはこちらから