相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていませんか? 相続に必要な戸籍謄本など戸籍類の取り寄せ代行!
相続の戸籍謄本について
相続に戸籍は必要?
相続の戸籍について
相続の戸籍を取得できる人
相続の戸籍の請求先
相続の戸籍請求に必要な物
相続の戸籍の費用は?
相続の戸籍の取得時間
相続の戸籍の使用期限は?
相続の戸籍は何通必要?
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方
代襲相続の戸籍は?
数次相続の戸籍は?
戸籍謄本などについて
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続に必要な書類は?
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
戸籍謄本取得代行について
お申し込み前の注意事項
取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  相続の戸籍の使用期限は?
亡くなった方の相続では、戸籍の謄本類を、
銀行などの相続手続き先に提出することになるのですが、
戸籍の謄本類の使用期限については、手続き先によって違いがあります。
ある銀行では、一応の目安として、
発行日より1年以内くらいという銀行もあれば、
特に定めていない銀行もあるようです。
ただ、稀に、戸籍の発行日より6ヶ月以内と定めている銀行もありますので、
戸籍を取得してからは、できるだけ早く、
少なくとも半年以内くらいで相続の手続きを済ます方が良いでしょう。
何年も前の戸籍謄本を提出したとしても、
銀行によっては、再度取得しなおしてくださいと言われることもあるからです。
なお、相続で必要な戸籍の謄本類の内、
改製原戸籍と除籍謄本については、
基本的に、使用期限はありません。
つまり、発行日より何年も経過している原戸籍と除籍謄本であっても、
何ら問題はないということです。
なぜなら、改製原戸籍と除籍謄本については、
戸籍謄本と違って、すでに閉じられている戸籍だからです。
その内容についても、何か変更がされるわけではなく、
何年経っても、内容はそのままなので、
原戸籍と除籍謄本には、使用期限が無いということになります。
そのため、亡くなった人の銀行預金の相続だけでなく、
土地・建物・マンションの相続でも、
保険金の相続であっても、同じ解釈となります。
相続の戸籍謄本については、明確な使用期限を定めている所は少ないですが、
普通は、発行日から半年〜1年以内が使用期限で、
原戸籍と除籍謄本については、そういった期限は無いということです。
また、相続放棄や遺言書の検認では、
戸籍の謄本類を、家庭裁判所に提出しなければなりませんが、
同じように、特に使用期限についてはありません。
ただ、やはり、戸籍謄本だけは、
発行日から半年〜1年以内のものが望ましいでしょう。
ちなみに、相続人の印鑑登録証明書については、
相続の手続きではよく使用されますが、
こちらは、発行日より3ヶ月以内という期限を定めている所が多いです。
しかし、遺産分割協議書に添付する印鑑登録証明書については、
発行日よりも、協議書が成立した日付の方が大事で、
その日付の前後1ヶ月以内であればあまり問題ないでしょう。
ただ、できれば、協議書が成立した日付の後で、
取得した印鑑登録証明書の方がより良いということになります。
上記のように、相続の戸籍の使用期限については、
印鑑登録証明書のような明確な期限はほとんど無いですが、
発行日より半年位を目安にしておくと、あまり問題が起こることは無いでしょう。

実は、相続人である彼らも、
初めは相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていました。
しかし、この方法を知ったとき・・・

詳細は 戸籍謄本トップで!

ページ 内 容 一 覧
相続に戸籍は必要? 戸籍類の疑問解決一覧 相続手続きの流れ
相続の戸籍について 除籍謄本とは? 相続に必要な書類
相続の戸籍を取得できる人は? 原戸籍とは? 未成年者がいる時
相続の戸籍の請求先 戸籍の附票とは? 行方不明者がいる時
相続の戸籍請求に必要な物 借金が多い時の選択肢
相続の戸籍の費用は? 相続人の範囲 相続放棄手続の仕方
相続の戸籍の取得時間 本当にあなた1人?
相続の戸籍の使用期限は? 相続関係説明図とは サイトマップ
相続の戸籍は何通必要? 免責事項
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方  
代襲相続の戸籍は?    
■ 数次相続の戸籍は?  
代行お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法 ■ 銀行振込によるお支払方法 ■ イーバンク銀行によるお支払方法
相続手続きに必要な戸籍謄本などの戸籍類のラクラク取り寄せ代行のお申し込みはこちらから