相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていませんか? 相続に必要な戸籍謄本など戸籍類の取り寄せ代行!
相続の戸籍謄本について
相続に戸籍は必要?
相続の戸籍について
相続の戸籍を取得できる人
相続の戸籍の請求先
相続の戸籍請求に必要な物
相続の戸籍の費用は?
相続の戸籍の取得時間
相続の戸籍の使用期限は?
相続の戸籍は何通必要?
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方
代襲相続の戸籍は?
数次相続の戸籍は?
戸籍謄本などについて
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続に必要な書類は?
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
戸籍謄本取得代行について
お申し込み前の注意事項
取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  相続に戸籍は必要?
相続に戸籍はかならず必要です。
なぜなら、亡くなった方の相続人が誰になるのかについては、
身内や親戚内で決めるものではなく、
戸籍の記載内容と、法律によって定められているからです。
亡くなった方の子供と身内が思っていたとしても、
実際に戸籍を調べてみれば、
実の子供ではなかったということもあります。
そういったこともあるため、亡くなった方の相続人を判断する時には、
まず、必要な戸籍をすべて取得して、
戸籍の記載内容から判断しなければならないのです。
決して、身内や、親戚内での思い込みで相続を進めてはいけません。
たとえ、間違った人を相続人と思い込んで、
相続手続きを進めようとしても、手続き先では必ず戸籍のチェックが入ります。
その時になってから、実は相続人でない人が発見されると、
それまで作成した相続書類や、遺産分割の話し合いについては、
すべて最初からやり直さなければならなくなってしまうのです。
つまり、亡くなった方の相続人を判断するのは、
身内や、親戚ではなく、
戸籍の記載内容と、法律によって判断しなければならないということです。
では、戸籍の記載内容を、どのように確認するのかと言えば、
亡くなった人の実の子供としての記載があるのかどうかです。
そして、配偶者(夫または妻)がいれば、
亡くなるまで配偶者であったかどうかです。
子供としての記載や、配偶者としての記載は、
亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を見れば、
かならず記載されています。
それらの戸籍を見て、
亡くなった方の相続人となるのかどうかを判断するのです。
たとえば、亡くなる直前に、配偶者(夫または妻)と離婚をしていれば、
その人は相続人では無いということになります。
また、亡くなったのが父親で、その人の子供と思われていた人が、
実は、母親の子供で、亡くなった父親(育ての親)とは、
戸籍上はなんら関係がないといったこともありえます。
その場合には、亡くなった父親(育ての親)と、
戸籍上、養子縁組をしていれば良いのですが、
養子縁組をしていなければ、相続人ではありません。
もちろん、養子縁組をしていれば、
相続では、実の子供と同じと考えますので、
相続人の1人になります。
そういったことも、亡くなった方の生まれてから亡くなるまでの戸籍を見て、
正確に判断しなければならないので、
相続にはかならず戸籍が必須と言えるのです。

実は、相続人である彼らも、
初めは相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていました。
しかし、この方法を知ったとき・・・

詳細は 戸籍謄本トップで!

ページ 内 容 一 覧
相続に戸籍は必要? 戸籍類の疑問解決一覧 相続手続きの流れ
相続の戸籍について 除籍謄本とは? 相続に必要な書類
相続の戸籍を取得できる人は? 原戸籍とは? 未成年者がいる時
相続の戸籍の請求先 戸籍の附票とは? 行方不明者がいる時
相続の戸籍請求に必要な物 借金が多い時の選択肢
相続の戸籍の費用は? 相続人の範囲 相続放棄手続の仕方
相続の戸籍の取得時間 本当にあなた1人?
相続の戸籍の使用期限は? 相続関係説明図とは サイトマップ
相続の戸籍は何通必要? 免責事項
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方  
代襲相続の戸籍は?    
■ 数次相続の戸籍は?  
代行お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法 ■ 銀行振込によるお支払方法 ■ イーバンク銀行によるお支払方法
相続手続きに必要な戸籍謄本などの戸籍類のラクラク取り寄せ代行のお申し込みはこちらから