相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていませんか? 相続に必要な戸籍謄本など戸籍類の取り寄せ代行!
相続の戸籍謄本について
相続に戸籍は必要?
相続の戸籍について
相続の戸籍を取得できる人
相続の戸籍の請求先
相続の戸籍請求に必要な物
相続の戸籍の費用は?
相続の戸籍の取得時間
相続の戸籍の使用期限は?
相続の戸籍は何通必要?
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方
代襲相続の戸籍は?
数次相続の戸籍は?
戸籍謄本などについて
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
相続関係説明図とは
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
相続に必要な書類は?
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
戸籍謄本取得代行について
お申し込み前の注意事項
取り寄せ代行お申し込みはこちらから
  代襲相続の戸籍は?
代襲相続とは、相続人となるはずの人が、
亡くなった人よりも先に亡くなっている場合に、
その子供が、代わりに相続することをいいます。
たとえば、被相続人(亡くなった人)に子供がいれば、
子供が相続人となるのですが、
子供の方が先に亡くなっていることもあります。
そういった場合に、子供に、さらに子供がいる時、
つまり、被相続人(亡くなった人)から見れば孫になるのですが、
その孫が、代わりに相続人になるというものです。
そして、代襲相続でも、普通の相続と同じように、
相続関係者全員の戸籍が必要となります。
具体的には、まず被相続人の生まれてから亡くなるまでの戸籍と、
先に亡くなっている子供の戸籍、
そして、孫の戸籍が必要となります。
ただ、ここで注意しなければならないことは、
先に亡くなっている子供の戸籍についても、
被相続人と同じように、生まれてから亡くなるまでの戸籍が必要となることです。
なぜなら、先に亡くなっている子供の代わりに、
被相続人(亡くなった人)の相続人となるのは、
孫全員だからです。
つまり、孫全員が代襲相続をすることになるので、
先に亡くなった子供のすべての戸籍から、
孫全員を特定することになります。
ちなみに、銀行預金や株、保険金などの相続では、
戸籍謄本、改製原戸籍、除籍謄本があれば良いのですが、
不動案の相続登記や、家庭裁判所関係では、
被相続人と、相続人全員の住所を証明するものも必要です。
そのため、被相続人と、相続人全員の住所を証明するものとしては、
住民票の除票や、住民票、または、戸籍の附票があり、
そのどちらかを、手続きの時に提出しなければなりません。
被相続人については、すでに亡くなっているので住民票の除票で、
相続人については、一般的にもよく知られている住民票か、
もしくは、戸籍と同時に取得ができる戸籍の附票となります。
これらについては、代襲相続人についても必要なので、
代襲相続人の戸籍と住民票、または、
戸籍と戸籍の附票のどちらかをそろえれば良いということです。
ただ、代襲相続は、直系の子供や孫の場合だけでなく、
兄弟姉妹が亡くなった時に、
その兄弟姉妹の子供についても、代襲相続人となることがあります。
つまり、被相続人(亡くなった人)に子供がいなくて、
両親や祖父母も全員亡くなっていれば、
兄弟姉妹が相続人となります。
そして、その兄弟姉妹の内で、
被相続人よりも先に亡くなっている人がいれば、
その子供(甥や姪)が代わりに相続人になるというわけです。
その代襲相続の戸籍についても、
先に亡くなった兄弟姉妹のすべての戸籍と、
その子供(甥や姪)の戸籍も必要になります。

実は、相続人である彼らも、
初めは相続に必要な戸籍謄本などの取り寄せに困っていました。
しかし、この方法を知ったとき・・・

詳細は 戸籍謄本トップで!

ページ 内 容 一 覧
相続に戸籍は必要? 戸籍類の疑問解決一覧 相続手続きの流れ
相続の戸籍について 除籍謄本とは? 相続に必要な書類
相続の戸籍を取得できる人は? 原戸籍とは? 未成年者がいる時
相続の戸籍の請求先 戸籍の附票とは? 行方不明者がいる時
相続の戸籍請求に必要な物 借金が多い時の選択肢
相続の戸籍の費用は? 相続人の範囲 相続放棄手続の仕方
相続の戸籍の取得時間 本当にあなた1人?
相続の戸籍の使用期限は? 相続関係説明図とは サイトマップ
相続の戸籍は何通必要? 免責事項
相続に必要な戸籍類は?
相続の戸籍の附票について
相続の戸籍類の集め方  
代襲相続の戸籍は?    
■ 数次相続の戸籍は?  
代行お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法 ■ 銀行振込によるお支払方法 ■ イーバンク銀行によるお支払方法
相続手続きに必要な戸籍謄本などの戸籍類のラクラク取り寄せ代行のお申し込みはこちらから